ウォーキングデッド ダリルの職業は?キャロルとはどうなる?

ウォーキングデッド ダリル キャロル

「ウォーキング・デッド」の登場人物中、一番人気のダリル。最初は一匹狼だった彼も、シーズン3からすっかり皆に溶け込む存在となりました。

特にリックとは隊長副隊長といった関係で、お互いに信頼しあっています。そして、年齢の差を感じさせないキャロルとの深い心の交流……。

彼はリックのグループに入るまで、どういう職業に就いていてどういう生活を送っていたのでしょう?

ダリルの生い立ち


ダリルはウォーカーたちが発生する前、父母とメルル、計4人で暮らしていたようです。

住んでいたところはジョージア州北部の山の中。父親はアル中で、息子2人に暴力を振るう毎日でした。それでもダリルが小さい頃はキャンプの技術なども教えていたようです。


ウォーキングデッド シーズン3

まだ10歳のころ、ダリルは森のなかで道に迷い、9日間も1人きりで過ごす経験をしました。その時も、野性のイチゴを食べたりして飢えをしのぎ、誰にも頼らずになんとか家に帰還。

こうした経験が、後のリックたちとの放浪生活で活かされているようです。


父親に愛想を尽かして、兄のメルルは軍へ入隊。ダリルはその間も父親からの虐待を受け続けます。そしてメルルの除隊後は兄と2人暮らしとなり、各地を放浪。メルルが度々犯罪で刑に服している間はいつも1人きりで過ごしました。


ウォーキングデッド ダリル

仲間を持たない孤独な性格はこの時さらに深められたようです。メルルは軍隊の経験を活かしてダリルに銃器の使い方を伝授。資質に優れていた彼は腕の良い狙撃手になり、またクロスボウにも熟達したのです。


そして疫病が発生し、リックたちと出会います。


ウォーキングデッド シーズン1

ダリルは当初ドラッグ好きなひどいキャラだったようですが、ノーマンのアイディアで実は真面目な男だという設定になったようです。

こちらのインタビュー後半でダリルの役柄について語っています。



ダリルはどういう職業だったのか


ダリルが疫病発生前に経済的にどうやって生活していたのかは、ドラマ中でハッキリ言及されていません。

シーズン4のエピソードでベスと酒を飲む場面では「自分は放浪者で、麻薬中毒者だった」と語っていましたが、おそらくメルルと泥棒でもやっていたのでしょう。麻薬取引の商売にも手を染めたかもしれません。


ウォーキングデッド ダリル メルル

メルルが獄中にいる時は肉体労働に従事した可能性があります。バイクが好きだという点で、ヘルス・エンジェルズのグループにいたのかも……。


ダリルバイク

とにかくダリルについては謎が多く、その経済的な側面もそのひとつです。

キャロルとの仲は


そして今後ダリルに関して1番気になるのは何と言ってもキャロルとの関係です。


ウォーキングデッド ダリル キャロル

年齢差があるせいか、今まで良い雰囲気になりながらも肉体的交渉などほとんど持たなかった2人。

このまま関係が持続するのかと思っていたら、シーズン6になって町で暮らすようになるとキャロルの方が途端にトビンという自分の年に見合った男を見つけ、あっさりとキスまでしてしまいます。


ウォーキングデッド キャロル

これじゃあダリルが浮かばれないと思うのですが、まあプラトニックだからこそ彼らの関係は清々しいとも言えるので、何があろうとダリルはキャロルへの思いを変えないでしょう。

これはどちらかが死ぬまで続くと思います。

【ウォーキングデッド】シーズン1~8までの動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド】の動画は"Hulu(フールー)"でシーズン1~8までが全話見放題で配信されています。

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴


Hulu以外でシーズン1~8まで配信されているのは、dTVU-NEXTです。

詳しくはコチラ ⇒ ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA