ウォーキングデッド シーズン7 第11話 動画無料視聴 ネタバレ

ウォーキングデッド シーズン7 第11話『自我を失い(原題:Hostiles and Calamities)』。

10話では、救世主討伐の為動き出したアレクサンドリアに新たな協力者が得られました。シーズン7をかけてやっと準備が整うくらいかと思いますが、どんどん協力者は増えていくことでしょう。

ウォーキングデッド シーズン7 第11話のネタバレあらすじ。

シーズン7 あらすじと感想まとめ


<< シーズン6

第1話『惨き鉄槌 』
第2話『王国』
第3話『囚われて 』
第4話『独裁者の洗礼 』
第5話『消せない憎しみ』
第6話『浜辺の村』
第7話『規律と罰則』
第8話『生きる意義』
第9話『戦いの礎』
第10話『瓦礫の牙城』
第11話『自我を失い』
第12話『覚悟』
第13話『決壊した良心』
第14話『密かな断行』
第15話『余地なき選択』
第16話『遺志を継ぐ者たち』

シーズン7 全話あらすじまとめ

シーズン8 >>

第11話『自我を失い(原題:Hostiles and Calamities)』ネタバレ


ドワイトはダリルの脱走に関してニーガンから強く問いただされる。

一方、捕らわれの身となったユージーンは、自身の知識を活かし、救世主のもとで生きる術を模索する。


というのが大筋のストーリーです。


ネタバレになりますが、原作だとドワイトはニーガンを裏切りリック側につきます。顔の火傷やシェリーのこともあり、現時点でもニーガンへの恨みは相当なものだと思いますが、今回また裏切りのきっかけになりそうな出来事が起こりそうです。

ドワイトはダリルの脱走には特に関わってはいないと思われますが、ダリルの担当だったので、逃がしてしまったことでニーガンに罰を受けるかもしれません。そして、いよいよ裏切りを起こすのでしょう。

第11話のタイトルとなっている「自我を失い」というのはドワイトのことなんでしょうかね。


ドワイト



原作でのドワイトは王国のエゼキエルに会いにいき、そこでリックとジーザスにも会い、救世主の情報を全て教えてニーガン討伐への手引きをするということになっています。

その前に一度リックたちの捕虜になっているので、まずその展開から入るのかもしれません。

⇒ ウォーキングデッド ドワイト 原作の展開は?


一方、第9話で救世主の捕虜となってしまったユージーンも登場します。泣きながらかなりビビりまくっていたユージーンでしたが、今回も相変わらずビクビクしているようです。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

銃弾を作ることができるという、優秀な人材なので殺されることはまずないでしょうし、ダリルのように強情ではないので裸で明かり一つない部屋に閉じ込められていたダリルよりは良い待遇を受けそうな気がします。

救世主のアジトで日々銃弾を作ることになるのでしょうが、自ら適応能力が高いと言ってますし、なんとかうまくやっていくんでしょう。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

リックたちが助けてくれるのか、または案外策をこらして自ら脱走するなんてこともありそうです。

銃弾を作れるユージーンがどっち側にいるかで戦争の優劣も変わってくるでしょう。リックたちもユージーン奪還の動きはありそうです。

※放送後追記しました
↓ ↓ ↓ ↓

第11話 あらすじ


今回は救世主に捉われたユージーンが中心のストーリーとなっています。いまだかつてこんなにもユージーンがフューチャーされたエピソードはなかったかもしれませんね。

ダリル脱走後


11話はダリル脱走直後のサンクチュアリ(救世主のアジトの呼び名)からはじまります。

スペンサーがニーガンに刺されて殺された第9話直後ということですね。
ウォーキングデッド シーズン7 第8話 あらすじと感想

ダリルが脱走時に頭を滅多打ちにし、殺された救世主メンバーが発見されます。その中にはドワイトも。ダリルのバイクもなくなっていました。

急いでダリルの監獄へと向かうドワイト。監獄はもぬけの殻です。

そして、アレクサンドリアからニーガンも戻ってきてしまいます。頭に袋をかぶらされているユージーンも連れられてきています。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

自分の部屋に戻るドワイト。部屋は荒らされダリルの囚人服が脱ぎ捨てられています。

サンクチュアリの中へ連れいかれ、泣きじゃくるユージーン。監獄に閉じ込められるのかと思いきや、意外にもまともな部屋が用意されています。

ベッドもあればテレビや冷蔵庫等の電化製品もしっかりあります。しかも、救世主のメンバーから「お腹空いてる?食べたいものある?」と食べたいものを聞かれます。

どうやらユージーンは有能だと思われており、ダリルのときとは違って特別待遇のようです。それを察したユージーンは徐々に落ち着きを取り戻します。

ドワイト


自分の部屋に落ちていた「今だ。行け。」というメモを眺めるドワイト。ダリルが脱走する際監獄に差し出されたものです。

突然、部屋に救世主のメンバー数人が押し入りドワイトは袋叩きに遭い、ダリルが閉じ込められていた監獄に入れられます。ダリルに対する監督責任を問われてのことです。

ニーガンがやってきます。ニーガンが言うにはダリル脱走と同時にシェリーもいなくなってしまったようです。

ドワイトもこの件に関わっているかと疑われますが、何も知らないようです。ドワイト自身も驚きの表情。

ドワイトが不満を抱えていることを察しているニーガンは「お前は誰だ?」と聞きますが、すかさず「ニーガン」と答えるドワイト。

シェリーの居場所に心当たりがあるというドワイトに連れ戻し片をつけろというニーガン。

ドワイトは監獄から出され、傷の手当を受けます。

意思はダリルのことを気にかけていたシェリーが逃がしたのだろう、あの子は心が優しいからこの場所は似合わないとシェリーを擁護します。

部屋に戻ったドワイトは早速シェリー捜索へ出ます。

ユージーン


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

ユージーンは救世主の女にサンクチュアリ内を案内されます。外へ行くとニーガンとメンバーが。

ニーガンはユージーンの能力を見極めようとします。サンクチュアリのフェンスには侵入者を防ぐためにウォーカーを置いていますが、体が腐って立たせておくことができないので、その解決策をユージーンに求めます。

アジト内の古い溶鉱炉で金属を溶かし崩れそうなウォーカーをフェンスに溶接することを提案し、「実用的なだけじゃなくイカれてる!」とニーガンに認められます。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

契約金として妻たちを部屋へ送り楽しませてやると言うニーガン。

部屋にニーガンの妻3人がやってきます。相変わらず無表情にテレビゲームをしながら妻たちと会話するユージーン。まあキャバクラくらいのノリですね。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

ユージーンの知的な話に興味を持つ妻たち。が、妻の一人アンバーはユージーンとは関わろうとせず1人でお酒を飲んでいます。

「爆弾を作れる」と聞く妻たちに「洗剤と風船があれば作れる」と答えるユージーン。必要なものを持って部屋の外へ出て証明してみせるユージーン。

アンバー以外の2人はそれを見て大喜び。抱きつかれるものの相変わらず無表情のユージーンですが、少し喜んでいるようです(笑)

シェリーを捜索するドワイト


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

ドワイトとシェリーは、はぐれたときに落ち合う場所を決めていました。ドワイトはビールとプレッツェルを持ってくるという約束でした。

以前そこに住んでいたのか想い出の写真や品があります。ドワイトは部屋へ入り「ハニー」と声をかけます。

結局そこにシェリーはいなかったものの、手紙が残されていました。過去の想い出を振り返り、あそこにいるなら死んだ方がマシ。あなたも逃げて。さようならハニー。と書かれてありました。

ビールとプレッツェルを置き、家を出るドワイト。

ユージーン


ユージーンの部屋にアンバー以外の2人が訪れます。今回はユージーンをもてなす為ではなく、頼みたいことがあって来たようです。

その頼み事というのが、仕方なくニーガンの妻になり苦悩しているアンバーが死にたがっているので楽に死ねる薬を作って欲しいということでした。

最初は渋っていたユージーンでしたが、仕方なく話を受けることに。サンクチュアリ内で材料となる薬を集め、致死薬を完成させます。

ドワイトの裏切り


ドワイトは傷の手当の為、医師の元を訪れます。

シェリーは見つけたか?と聞かれると「逃げようとしてウォーカーに捕まったから仕方なく殺した」と嘘をつきます。


その後ユージーンは救世主の女メンバーに広間に連れて行かれます。サンクチュアリの住人が勢ぞろいし、溶鉱炉に火が入れられています。

第7話『規律と罰則』でもありましたが、罰の時間です。罰を受けるのはサンクチュアリの医師。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

ユージーンに「しっかり見ててくれよ」と声をかけるとおもむろにルシールで医師の体を殴ります。

シェリーの「さようならハニー」と書いたメモが医師の机から見つかり、シェリーを逃がした疑惑がかけられているのです。

「私は何も知らない」と否定する医師。ドワイトが医師をハメたのでしょう。

弁解するもののニーガンは全く取り合おうとしません。溶鉱炉から熱せられたアイロンが取り出され、ニーガンが医師の顔の横へ持っていきます。

「認められばやらずに済むんだ」というニーガンの言葉に、たまらず「そうだ!私が逃がしたんだ!」と答える医師。

これで罰が軽くなるのかと思いきや、ニーガンは医師を溶鉱炉の中に投げ入れます。当然医師は死んでしまいました。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

致死薬の本当の目的


再びユージーンの部屋を訪れるニーガンの妻2人。

薬を受け取りに来たのですが、実はニーガンを殺す為に使うということを察していたユージーンはそのことを告げ薬を渡しません。

薬を受け取ることを諦め「あんたは臆病者よ」という言葉を残し2人は部屋を出ます。

ユージーンの決心


その後ニーガンがユージーンの部屋へやってきます。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

今のユージーンの意思を確認する為です。軽くユージーンを脅したうえで例のセリフを言います。

「お前は誰…」という言葉を言い切る前に即座に「ニーガンだ」と答えるユージーン。

「私は完全に徹底的に完璧にニーガンだ。あなたに出会う前からニーガンだった。私はニーガンだ。」とニーガンが話す隙も与えないくらいさらに言葉を重ねます。

翌日、以前ユージーンが提案したフェンスにウォーカーを溶接する計画が実行されます。

高い場所から作業の様子を見ながら大声で指示を出すユージーン。すっかり救世主の一員となることを決めたようです。


ウォーキングデッド シーズン7 第11話

ドワイトがユージーンの元へやってきて「腹をくくった?」と聞くと「ああ、君のように。私たちはニーガン」と答えます。

ドワイトが「そうだ」と言ったところで第11話は終了します。

第11話 感想


今回はユージーンが主役的な扱いとなり、救世主以外のメンバーは一切登場しませんでした。アレクサンドリアのメンバーが一切登場しない回なんてこれまで一度もありませんでしたし、そういう意味でも印象的なエピソードでしたね。

特別スリリングな展開があるわけでもなく、ユージーンとドワイトを中心にストーリーが展開されていました。

おそらくそうであろうとは思っていましたが、ユージーンはニーガンに対して一切反抗の態度を見せず、最終的にすっかり救世主の一員のようになっていました。

誰よりも環境適応力が高いと自負していましたが、改めてそれを実感しましたし、サンクチュアリでは各人適した仕事を与えられるので、もしかしたらアレクサンドリアにいるときよりも能力を発揮できるのかもしれません。

ドラマで描かれていないだけかもしれませんが、アレクサンドリアにいるときのユージーンはむしろお荷物扱いな感もありました。

リックたちが助けに来た際は応じるとは思いますが、物資も豊富で能力も発揮できるサンクチュアリを意外と気に入っていたりするのかもしれません。他のメンバーほど情も深くなさそうですしね。

ユージーンの今後の動向が気になりますね。


シーズン7 8話

一方ドワイトの方は、医師をシェリー脱走の犯人に仕立て上げることで責任を逃れてしまいました。医師とは親しそうな感じがあったんですが、こうも簡単に裏切るとは。

シェリーが死んだことにすることで捜索の手が及ばないようにしたんでしょうが、まあ卑怯ですね。

とはいえ哀愁漂いまくりでエピソードを増すごとに憎めない存在になりつつもあります。シェリーがダリルとドワイトは似てると言ってましたが、味方同士ならいいパートナーになりそうですよね。

原作同様ニーガンを裏切ることになると思われますが、だとしたらシーズン7も終盤に差し掛かるこの辺で行動を起こすのではないでしょうか。

ドワイトの動向もかなり気になります。


シーズン7 7話

以下、読者さんの感想です。

れのさん 女性


今回は面白かったと言うより、ほぼユージン一色のエピソードで少しつまらなさを感じました。ですがそれと同時に、これからユージンがどいう言う立場で、どのような気持で、そしてそれが本心からの行動であるのかなど考えさせられました。

基本的に弱虫で怖がりのユージン、予想通りニーガンに対してもあっという間に絶対服従の態度を見せました。そして、ニーガンも予想通り、頭のいいユージンを利用し始めました。

ただあの場で彼が生き残るのは、服従し、頭を使って役に立つこと、それ以外にありません。そうしていれば、しばらくは食べ物にありつくことが出来るし、安心して眠ることが出来る。普通の生活が出来るのです。

しかし、いったいその関係がどこまで続くのか、そして何かが起きた時に彼自身どちらの側につくのかが見ものです。

彼が完全にあちらについていしまえば、今後爆弾などの武器などを作ったりしてニーガンはどんどん強くなってしまいます。リックたちからすればかなり不利になるのではないでしょうか。

もしかすると、リックたちがニーガンに勝利するかどうかのカギは、ユージンが握っているのかもしれません。土壇場で彼がリックたちに力を貸す勇気があるかどうか。そこが今後の見どころになると思います。

こちさん 女性


ついにダリルがニーガンのアジトから逃げ出したことが、ニーガン自身にばれてしまい、ドワイトとその妻が疑いをかけられてしまうという緊張の展開でしたが、ドワイトの『嘘』に、以外にも簡単に騙されるニーガンにあっけなさも感じました。

しかし、ドワイトは本当に自分や妻が助かるためなら、よく気にかけてくれていたあのアジトの中では善人であろう医師を罠にはめてしまうとは、とても残忍です・・・。

ニーガンの罰の与え方がすさまじく非道で、医師を火の中に投げ入れるとは思いもしないので、思わず目を覆ってしまいました。

これまでも、かなり臆病なユージーンでしたが、その衝撃のシーンを目の当たりにして、やはりニーガンに服従することにしたのか、早速作業の指揮をとっていたところに、なんとも情けないな、リックたちへの感謝はわすれてしまったのか、とがっかりしてしまいました。

しかし、ドワイトがユージーンに近づいていっているような終わり方だったので、このまま二人とも服従するだけの人では終わらないような気もしました。というか、そうであってほしいという気持ちでした。

ドワイトの妻も生きているようなので、このあとの展開に深く関わっていくように思います。

みなみさん 30代男性


今回の話で、改めてユージーンの優秀さがわかりました。いつも戦うことはなく、オドオドしているだけのユージーンがあんなに頼もしいとは。

自ら博士と名乗るだけのことはあります、弾丸を作っただけではなくちょっとした薬品で爆弾を劇薬を作ってしまうのだから。

ウォーキング・デッドの最終回がいつになるかはわかりませんが、もしかしたら最終回辺りで世界を救う抗ウィルス剤を作るのはユージーンになるのでしょうか?まあ、それはだいぶ先の話だと思いますのでわかりませんが、何となくそんな気がしてしまいました。

話は変わって、ニーガンの下部達のニーガンに対する不満が高まっているような気がしています。当たり前ですが、全ての人間がニーガンに忠誠を誓っているわけではないのですね。もしかしたら、ニーガンへの反乱の時期もそろそろ訪れるのではないでしょうか?

そうなると、ニーガンvs反乱軍&リック達とまるで戦争のような大規模な戦いが待っているのかもしれませんね。あの医者はちょっと可哀想でした、何も悪くないのにニーガンに殺されたわけですから

ただ、あの行為によって更にニーガンに対する憎しみなどが観衆などに増幅したら、仕方がない犠牲だったのかも。

とふさん 女性


11話はユージーンとドワイトの状況が大きく動きました。お休みに入る前にユージーンが連れ去られたのをすっかり忘れていました。

戦闘タイプではないユージーンは救世主のあじとに連れて来られてガタガタ震えていましたが、意外にも高待遇で本人もびっくりでした。ピクルスのビンをかかえて怯えながらニーガンの質問に答えているユージーンがちょっとかわいかったです。

門番的フェンスのウォーカー防御策をすぐに思いついてごほうびまでもらって、できる子アピールも万全でしたね。

でも、奥様がたはユージーンのゲームしているところを見ているだけで、楽しかったのでしょうか。まあ、外でのおもちゃ爆弾ごっこには喜んでいたみたいですけれど・・・。

一方、ダリルに逃げられた上シェリーまで逃げてしまって、ドワイトもたまったもんじゃありません。シェリーのために別れてやけどまで負ったのは、シェリーを愛していたからできたことです。

そのシェリーがいなくなって指輪や悲しいメッセージまで残して行ったから、ドワイトも心を決めるしかなかったのでしょう。

ユージーンもドワイトも、二人してニーガンと共に歩む道を選んでしまいました。そうさせてしまうほどニーガンの脅威を感じ、復讐よりも従属を選んだ二人にどんな未来が待ち受けているのか楽しみです。

次回はリック達の回みたいですから、救世主達を倒す作戦は進展するのかどうか、期待しています。

あくさん 女性


今回の第11話でフィーチャーされるのは、俺たちのユージーン。

ニーガンのコミュニティのアジトでビクビクしながら特別待遇を受ける彼。ピクルスの入った大瓶を後生大事に抱えながら、相変わらずの臆病ぶりをいかんなく発揮していました。

でもそれはあくまでも見せかけで、実際は案外したたかに、虎視眈々と脱出の機会を狙っていたりして…、と思った自分は甘かったのですね。

ドワイトにはめられた医者が焼死する現場を目の当たりにして、すっかりニーガンに怯えきってしまった模様。挙句の果てには「あなたと出会う前から僕はニーガンだった」と意味不明なセリフを口走ってしまうほど安定のクズっぷり…。

ラストで「俺たちはニーガン」と互いの顔を見合わせながらつぶやくドワイトとユージーン。ドワイトはどうやら思惑があってのポーズなのだろうけど、果たしてユージーンはどうなのでしょうか?

でもまあ、今回のことでもよく分かるように、彼は変節漢なので、いつの日か平然とニーガンなんて裏切ってリック側に戻ってきそうです。

シーズン7 あらすじと感想まとめ


<< シーズン6

第1話『惨き鉄槌 』
第2話『王国』
第3話『囚われて 』
第4話『独裁者の洗礼 』
第5話『消せない憎しみ』
第6話『浜辺の村』
第7話『規律と罰則』
第8話『生きる意義』
第9話『戦いの礎』
第10話『瓦礫の牙城』
第11話『自我を失い』
第12話『覚悟』
第13話『決壊した良心』
第14話『密かな断行』
第15話『余地なき選択』
第16話『遺志を継ぐ者たち』

シーズン7 全話あらすじまとめ

シーズン8 >>

【最新話】シーズン8 第7話のあらすじと感想

ウォーキングデッド シーズン8 第7話 動画無料 ネタバレあらすじと感想

2017.12.05

【ウォーキングデッド シーズン8】10/23(月)から配信開始!


【ウォーキングデッド シーズン8】は10月23日(月)22時から"Hulu(フールー)"で配信が開始されました。


Huluは2週間無料で使えますし、シーズン8を本国アメリカとほぼ時差なくリアルタイム視聴することができます。

9/23よりシーズン7全16話見放題配信も始まりました!



Huluなら

シーズン1からシーズン8まで全話が見放題で見れる
・シーズン1〜6は日本語吹き替え版も配信
・通常版より20分も長いシーズン1 第1話 US特別版が初公開
・スピンオフ作品『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』も見れる


ということでHuluがオススメです!

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴




Huluの無料期間が終わる方は、同じくシーズン8がリアルタイム配信される"dTV"でさらに31日間無料で動画が視聴できます。

⇒ dTV



さらに詳しくはこちらを
 ↓ ↓ ↓
ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する方法


ちなみに、シーズン7のDVDレンタルは2017年9月8日から始まっています。

DVDをレンタルする方法 ⇒ ウォーキングデッド シーズン7 のDVDをレンタルする

※記事投稿時点の情報です。配信終了する場合もあるので、詳細はHuluの公式サイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です