ウォーキングデッドシーズン6 第16話 ネタバレあらすじ感想 ニーガン登場!

シーズン616話

日本では4月4日に公開となった「ウォーキングデッド」シーズン6 第16話『悪魔の口笛(Last Day On Earth)』。

今回でシーズン6も終了、最終回だったわけですが、もうほんと落ち着いて見てられませんでしたね…。

ネタバレあらすじと感想を。


シーズン6 あらすじと感想まとめ


<< シーズン5

第1話『導かれし屍たち』
第2話『不意打ち』
第3話『逃げ場のない道』
第4話『師の教え』
第5話『波打つ不安』
第6話『迷いの森』
第7話『生かされる命』
第8話『雪崩』
第9話『決死の一夜』
第10話『ジーザスと名乗る男』
第11話『未知なる世界』
第12話『殺めるべき者』
第13話『張り詰めた糸』
第14話『強く在るために』
第15話『巡る因果』
第16話『悪魔の口笛』

シーズン6 全話まとめ

シーズン7 >>

第15話 ネタバレ


妊娠中のマギーが腹部に激しい痛みを訴えたため、リックたちはヒルトップの医師の元へ彼女を搬送することにする。道中、救世主たちに遭遇することを想定し武装しての移動だが案の定、屈強な男たちの集団に行く手を阻まれる。リックを帰し、1人でキャロルを捜すモーガンは図書館の前でうずくまる彼女を発見する。負傷し憔悴した状態のため、アレクサンドリアに戻ろうとモーガンが説得するがキャロルはかたくなに拒絶する。



あらすじはそんな感じです。

前回15話のあらすじや感想はこちら。
ウォーキングデッドシーズン6 第15話 ネタバレあらすじ感想

第15話 あらすじと感想


アレクサンドリアを去ったところで救世主の仲間と遭遇してしまったもののマシンガンの乱射でなんとか切り抜けたキャロルでしたが、生き残った一人と交戦となり、その相手は殺したもののその後の安否はわからないままでした。

今回割と早々にモーガンに発見されますが、腹部に傷を追っていました。

切り傷のようでしたが、どこで負傷したんでしょうか。

手当もしなきゃだし一緒に戻ろうとモーガンに説得されますが、キャロルはやっぱり聞かずまた姿を消してしまいます。


一方、モーガンと別れてアレクサンドリアへ戻ったリックはマギーをヒルトップへ運ぼうとします。

メンバーは他に、カール、エイブラハム、サシャ、ユージーン、アーロン。

マギーが深刻な状態なので、一刻も早くヒルトップへ行かなけれならないんですが、救世主たちに道を阻まれます。

と言っても道路の塞いでいるだけで攻撃は仕掛けてきません。

リックは話し合いで解決しようとするものの折り合いがつかないので、道を引き返します。

他の経路で向かいますが、どの道を行っても救世主一味が待ち受けています…。

どうやら救世主グループはかなりの人数がいるようです。

奴らがリックたちを殺そうと思っていれば、即殺されてしまっていたことでしょう。


ウォーキングデッドシーズン6 第15話

ウォーカー処理をしていたモーガンの目を盗んで立ち去ってしまったキャロルでしたが、前回生き残った救世主グループの一人に見つかってしまいます。

揉み合いになりますが、当然力では男には叶いません。

キャロルは抵抗することも諦めてしまい、男に腕と足を打たれてしまいます。

男はキャロルに止めを刺そうとしますが、そこにモーガンが現れます。

しかも男がモーガンに気づいたときにはすでに銃口を向けられていました。

その前に気付くだろって距離で、さすがに都合よく感じてしまいましたが(笑)

まあ、でもよくぞ来てくれましたモーガンさん。

しかもモーガンが銃を構えているんです。

一応男を説得しようとしますが、聞かずキャロルを打とうとしたのでモーガン発砲。

必要以上に6発も打ってました。

全ての命は尊いなんて言ってたモーガンですが、ここばかりは容赦ありません。

必要であれば殺しちゃうんですね。

なんかちょっとホッとしちゃいました。


ウォーキングデッドシーズン6 第15話

で、リックたちは完全に八方塞がりで立ち往生してしまいます。

ユージーンの申し出で彼一人が車を運転し、相手の注意を引き付けている隙にリックたちは歩いてヒルトップへ向かうことに。

完全に死を覚悟していたのでしょう、弾薬のレシピをリックに渡します。

エイブラハムとも熱い抱擁を交わして一人車で走り出します。

感動のシーンです。

完全に死にに行くような雰囲気になってました。

ゲイブリエルもそうですが、彼もシーズン6後半から急に強くなりましたね。


そして、暗い森の中担架に乗せられたマギーと共に進むリック一向でしたが、どこからか口笛の音が。

そして、複数の人影も…。

焦ったリックは「Go!」という声もひっくり返ってしまっていました(笑)

開けた場所に出たところでライトが点き、そこにはモーガン一味が待ち受けていました。

40~50人くらいいる感じです。

ユージーンもあっさり捕まってしまっていました。

かっこいい感じだったのに台無しです(笑)

リックたちは武器を奪われひざまずかされます。

ドワイトも現れ、車の中からダリル、ミショーン、グレン、ロジータも外へ出され全員がひざまずかされます。

この人数が相手ではもうどうしようもありません。絶望的です…。

あのリックも顔面蒼白といった感じ。


ウォーキングデッドシーズン6 第15話

ここでとうとうニーガンが登場します。

オールバックにヒゲでレザーのライダースといういで立ち。

見ようによっては意外とダンディです。

が、有刺鉄線を巻き付けたバットを持っているのがなんとも恐ろしいです…。

車の行く手を阻むものの殺さなかったのは救世主の力を見せつける為だったわけです。

リックたちは救世主のメンバーをかなり殺しているわけですから速攻殺されてもおかしくないんですから。

この後は誰も一言も喋ることすらできずニーガンが一人で喋っているんですが、殺さないから前らの全ての半分をよこせと、ヒルトップと同じ条件を要求されます。

ですが、リックはもちろん誰が答えるわけでもなく、というかこの状況ではもう言うことを聞くしかありません。

とりあえずこの場は条件を飲んで切り抜けるしかないでしょう。

…で、終わればいいんですがニーガンは大勢の部下を殺した報いとして一人を叩きのめすと言います。


リックたち一人ひとりの前に立ち言葉をかけていくニーガン。

体調の悪いマギーに対して「苦痛から解放してやる」といってバッドを振り上げたところでグレンが飛び出しドワイトに取り押さえられ再び列に戻されます。

笑顔で「(誰にするか)決められない」と言うモーガンは「だ・れ・に・し・よ・う・か・な・か・み・さ・ま・の…」と一人一人にバッグを向けながら回っていきます。


そして、「と・お…り」で一人が選ばれてしまいます。

カメラアングルがその人物の目線になり「息をしてもまばたきをしても泣いてもいい。全部やるだろうよ。」と言い頭上から思いっきりバッドを振り下ろすニーガン。

カメラは被害者目線でニーガンしか映していないので誰なのかはわかりません。

一発目でカメラアングルが大きく下へ下がります。

頭を殴られたんでしょう。

画面には血が流れますが、再び前を向きニーガンが映し出されます。

ニーガンは「やるじゃないか。根性がある。」と言い2発目が振り下ろされます。

ここで画面が完全に真っ黒に。

そして、さらに3発目、4発目…、最終的に8発も…。

そのままBGMもないままスタッフロールへ。


えー!!!シーズン6ここで終わりかい…!!!!


唖然です…。


有刺鉄線を巻いたバッドで思いっきり殴られてるんですから恐らく死んでしまったことでしょう…。

リックグループの誰かがです…。

シーズン7が始まってみたらリックグループ以外の誰かだった、または生きていた、なんて間抜けなオチはないでしょう。

誰か死んでます…。

もうそれだけで十分ショックなんですが、さらにこの状況のまままた数か月待たないといけないだなんて、あんまりです…。


今までにもショッキングなシーンはたくさんありましたが、今までで一番恐ろしかったですね。

なんといってもリックのあの絶望の表情。

涙さえ浮かべていました。

リックがまだ望みを捨てていないのであればそこまで恐怖は感じなかったかもしれませんが、リックが完全に絶望してしまっていたので、見ている方ももう何の希望も持てませんでした。

唯一エイブラハムだけは立ち向かう気概を見せていましたが。


ダリルにロケットランチャーで吹っ飛ばされたり、アジトを襲撃されたり、キャロルとマギーを監禁するも結局殺されてしまったり、キャロルにマシンガンで瞬殺されちゃったり、救世主のメンバーって大したことないな、なんて思ってたら全然恐ろしいじゃないですが…。

しかも人数がすごい。

例えひとまずその場は切り抜けられたとしてもアレクサンドリアのメンツで反撃することなんて無理でしょうし…この先一体どうなってしまうのでしょうか。


とりあえずこんなところで終わってシーズン7の開始を待つまでがつらすぎます…(笑)

シーズン6 あらすじと感想まとめ


<< シーズン5

第1話『導かれし屍たち』
第2話『不意打ち』
第3話『逃げ場のない道』
第4話『師の教え』
第5話『波打つ不安』
第6話『迷いの森』
第7話『生かされる命』
第8話『雪崩』
第9話『決死の一夜』
第10話『ジーザスと名乗る男』
第11話『未知なる世界』
第12話『殺めるべき者』
第13話『張り詰めた糸』
第14話『強く在るために』
第15話『巡る因果』
第16話『悪魔の口笛』

シーズン6 全話まとめ

シーズン7 >>

【最新話】シーズン8 第3話のあらすじと感想

ウォーキングデッド シーズン8 第3話 動画無料 ネタバレあらすじと感想

2017.11.06

【ウォーキングデッド シーズン8】10/23(月)から配信開始!


【ウォーキングデッド シーズン8】は10月23日(月)22時から"Hulu(フールー)"で配信が開始されました。


Huluは2週間無料で使えますし、シーズン8を本国アメリカとほぼ時差なくリアルタイム視聴することができます。

9/23よりシーズン7全16話見放題配信も始まりました!



Huluなら

シーズン1からシーズン8まで全話が見放題で見れる
・シーズン1〜6は日本語吹き替え版も配信
・通常版より20分も長いシーズン1 第1話 US特別版が初公開
・スピンオフ作品『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』も見れる


ということでHuluがオススメです!

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴




Huluの無料期間が終わる方は、同じくシーズン8がリアルタイム配信される"dTV"でさらに31日間無料で動画が視聴できます。

⇒ dTV



さらに詳しくはこちらを
 ↓ ↓ ↓
ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する方法


ちなみに、シーズン7のDVDレンタルは2017年9月8日から始まっています。

DVDをレンタルする方法 ⇒ ウォーキングデッド シーズン7 のDVDをレンタルする

※記事投稿時点の情報です。配信終了する場合もあるので、詳細はHuluの公式サイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です