フィアーザウォーキングデッド シーズン3 第15話 動画無料視聴 ネタバレあらすじ

フィアー・ザ・ウォーキングデッド シーズン3 第15話『悪夢ふたたび(原題:Things Bad Begun)』。

ダニエルとオフェリアの悲しい再会から、ダムへ向かうことになったマディソン達。

しかし、ここに来てニックも別行動になり、クラーク一家はバラバラになる。そんなマディソン達を更なる問題が襲いかかる。

フィアー・ザ・ウォーキングデッド シーズン3 第話の動画を無料で見る方法とネタバレあらすじと感想。

シーズン3 あらすじと感想まとめ

<< シーズン2

シーズン3 登場人物・キャスト
シーズン3 全話まとめ

第1話『その目に映るもの』
第2話『新天地』
第3話『我々の知るこの世の終わり』
第4話『100』
第5話『水に燃え、炎に溺れる』
第6話『赤い土』
第7話『明かされたこと』
第8話『罰を受ける者』
第9話『ミノタウルス』
第10話『水脈』
第11話『水を求めて』
第12話『闘う同士』
第13話『我が祖国』
第14話『マタデロ』
第15話『悪夢ふたたび』
第16話『そりすべり』

シーズン3 第話 ネタバレあらすじ


アリシアの行方


アリシアはダイナと車で移動していると、突然横から車が現れ数名の男性達が物資を強奪しようとする。

二人は果敢に男達に挑み、ダイナが足を負傷するがライフルで威嚇し追い払うことに成功した。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

負傷したダイナを医者のもとまで連れてきたアリシア。医師のエディーはアリシアの正しい応急処置を見て次の手術のアシスタントをするように言う。

エディーがアシスタントのアリシアをプロクターに紹介している。プロテクターはカリフォルニアのギャングだった男で、今後もさらに勢力を拡大していくという。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

車椅子のプロクターは、手術が失敗すれば命はないとエディーとアリシアに脅しをかけます。

手術を終えたプロクターが足を動かすのを見て安堵するアリシア。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

プロクターは、部下からダムに向かう準備ができたと報告を受けるとアリシアも来るように命令する。

危険な計画


マディソンと別行動を申し出たニックは、ウォーカーの首を切り取り集めている。集めた首を薬の売買を行っている場所へ持って行き買い取ってもらっていた。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

トロイは何かの準備をしているプロクターの連中を見て、何をしようとしているのか探りを入れる。情報を手に入れたトロイは、ニックのもとに行きマディソン達が危ないことを告げる。

一方、ダムにいるマディソンは家族がバラバラになったことで元気をなくしていた。ヴィクターはお酒をマディソンに渡し励ます。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

ダニエルのもとにやってきたカレタカ・ウォーカーは、オフェリアが大事に持っていたロザリオを渡した。

ダニエルもカレタカも、何故牧場が襲われたのか理由を知りたいと語った。

応戦準備をするダムのメンバー


お酒を飲み酔っぱらっているマディソンとヴィクターのもとにダニエルが現れる。プロクターがダムを襲撃する計画を知ったニックが、マディソンを訪ねてやってきていたのだ。

迎え撃つ準備をするダニエル達に、トロイは率先して爆弾設置を名乗り出る。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

マディソンも一緒に戦おうしますが、ヴィクターはニックと逃げるべきだと説得。

ニックもマディソンに逃げるように言いますが、ニックが薬に手を出したことに気づいているマディソンは聞こうとしません。

カレタカとクレイジー・ドックは、仲間を捜しに北に向かうとマディソンに伝え別れます。

ニックは様子がおかしいヴィクターに何か知っているのか迫ります。ヴィクターは観念して、マディソンとニックを守る為にプロクターと交渉してしまったことを告白します。

真実を知るマディソン達


ダニエルがニックに何故牧場がウォーカーに襲われたのか真実を知りたいと迫ります。

トロイを庇い真実を語ろうとしないニックを見て、ダニエルは嘘をついていることに気付きます。

ダニエルは部屋の鍵を閉め、ニックに拷問をする準備を始めます。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

マディソンは、トロイと爆弾を設置しながらニックを見てくれてありがとうと礼を言います。二人はこれまでのことは水に流し許しあいます。

そして、トロイは起爆スイッチをマディソンに渡します。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

ニックは牧場が襲われたのをジェイクのせいにし、自分が父親を殺したことも告白。それを聞いたダニエルはニックを解放します。

解放されたニックは、マディソンとトロイにヴィクターがプロクターと交渉したことを話します。

ダニエル達にこの事を伝えに行こうとするマディソンですが、ニックはトロイがダニエルに会ったら殺されると言います。

理由を聞くマディソンにトロイが自分がウォーカーの群れを誘導したと真実を語ります。マディソンは怒りの余り、トロイに殴りかかりハンマーで頭部を殴打する。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

ヴィクターの裏切り


ダニエルとローラがコントロールルームで、水が予定とは逆方向に流れている理由を調べている。

そこへ計画がバレてしまったヴィクターが乱入し、ダニエル達に銃を突きつけます。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

ヴィクターとダニエルは乱闘になり、暴発した弾がダニエルの顎付近にあたります。ローラはすぐさまダニエルのもとへ駆け寄り、抱き起こし何処かへ歩いていく。

プロクター達がダムへ侵入しダムのメンバーと激しい銃撃戦になる。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

ヴィクターがプロクターの部下に「水の女王は死んだ」と報告し、マディソンとニックを部屋に隠れさせる。

二人の安全は守ると言い、マディソンから起爆スイッチを受け取り部屋を出ていく。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

シーズン3 第1話 感想


ヴィクターは自分の保身のため、ダニエルたちを簡単に売ってしまいました。

ニックとマディソンだけは守ったようですが、やはりダニエルに対しては良く思っていなかったんでしょう。どちらも崩壊直後から行動を共にした仲間なんですけどね。

ダニエル同様ヴィクターは撃てないと思っていましたが、まさかの。そして、なんとか生きていたダニエル。

彼はもう死にそうにありませんが、生き続けるとしたら生きている限りヴィクターは追われるでしょう。そうなると展開的に面倒なのでやはりダニエルは死んでしまうのかもしれません。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

さらにトロイの真実を知ったマディソンが、ニックの前であっさりトロイを撲殺するという恐ろしい展開になりました。

自分も散々牧場をひっかきまわしておいて、自分のことは棚に置いておいてこの仕打ちです。ニックの驚きの表情もわかります。

もはや何が正しいのかよくわかりませんが、牧場的には確かにトロイを追放でなく処刑にしておけばまだ平和は続いていたのかもしれません。牧場のひとたちもオフェリアも死ぬことはなかったでしょう。


フィアーザウォーキングデッド-シーズン3-第15話

しかし、なかなかの味を出していたトロイをここで離脱させるのは寂しいですね。最初は嫌われ者だったトロイに徐々に好感を持てるようになってきたところだというのに。

ジェイクが死んでしまったときはトロイが死ねばよかったのにと思ったんですが、キャラ的にトロイの方が魅力的だし、結果的に良い流れだと思っていました。

トロイがいた方が話は面白くなりそうですし、何とか生きていた展開にはならないですかね・・・。

そしてプロクターに連れられてアリシアがダムへ。再会が思いの外早そうですが、それぞれが対立する側にいるということで、また複雑な展開に陥りそうです。

移動した途端のこの窮地にマディソン達はどうなってしまうのでしょうか。

おそらく第16話はシーズン3最終回ということになるでしょう。あと1話で収拾はつかないと思うので、シーズン2同様クリフハンガー的な最期を迎えそうですね。

シーズン3 あらすじと感想まとめ

<< シーズン2

シーズン3 登場人物・キャスト
シーズン3 全話まとめ

第1話『その目に映るもの』
第2話『新天地』
第3話『我々の知るこの世の終わり』
第4話『100』
第5話『水に燃え、炎に溺れる』
第6話『赤い土』
第7話『明かされたこと』
第8話『罰を受ける者』
第9話『ミノタウルス』
第10話『水脈』
第11話『水を求めて』
第12話『闘う同士』
第13話『我が祖国』
第14話『マタデロ』
第15話『悪夢ふたたび』
第16話『そりすべり』

フィアー・ザ・ウォーキングデッドの動画を無料視聴するには



『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』シーズン1~4は"Amazonプライムビデオ”で無料視聴することができます。

Amazonプライムビデオは登録から30日間は無料で、フィアー・ザ・ウォーキングデッドのエピソードはすべて見放題となっています。

シーズン1 第1話 オープニング


⇒ フィアー・ザ・ウォーキングデッドを無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA