アウトキャスト シーズン2 第5話 動画無料視聴 ネタバレあらすじと感想

アウトキャスト シーズン2 第5話

アウトキャスト シーズン2 第5話『隣人に潜む悪魔(原題:The Common Good)』。

病院に入っていたアリソンは、患者が娘のことを話したことで心配になり退院を決意する。

一方、町長の策略によりカイルとアンダーソンをサポートしていた署長も悪魔に憑かれてしまう。

アウトキャスト シーズン2 第5話の動画を無料で見る方法とネタバレあらすじと感想。

シーズン2あらすじと感想まとめ

<< シーズン1

第1話『漆黒の街』
第2話『底なしの失望』
第3話『迷い』
第4話『復讐の念』
第5話『隣人に潜む悪魔』
第6話『命の行方』
第7話『孤独の再来』
第8話『粛清』
第9話『兆し』
第10話『魂の集結』

シーズン2 第5話 ネタバレあらすじ


悪魔に侵食された街


自ら施設に入っていたアリソンは、何かを呟き続ける男に話しかける。男はアリソンに、「君の輝くホタルはまだ使っていない。娘だよ。」と話します。そして、そこへ現れた少年にも娘のことを言われ動揺するアリソン。


アウトキャスト シーズン2 第5話

一方、カイル達の街ではパトリシアが死んだ原因が悪魔だと噂になっていた。不安になった住民達が警察署に殺到し、署長は噂話に踊らされないようにと何とか納得させます。

人手もなく困っていた署長に、リストを持った妻が現れ手伝うと申し出ます。リストには憑かれた人物名が書かれており、この人物達に近い人物を探すことを提案した。署長は住民達がお互いを疑わない様に、慎重に動くように指示する。 


アウトキャスト シーズン2 第5話

その頃、町長オーウェンは、シドニーに面会に来ていた。既にシドニーの魔の手は、町長にまで伸びていたのだ。

“救い主”


納屋の教会にやって来アンダーソンは、信者の女性と話をしていた。彼女の肩には、未だ残る手の痕が生々しく残っていた…。

この教会の信者達は、元々憑りつかれた事のある者達が集まり、皆“救い主”に助けられていたのだ。しかし信者達も、“救い主”のことは何もしらないらしい。


アウトキャスト シーズン2 第5話

一方、町長のオーウェンが住民達に町民会議を開くと告げます。パトリシアの一件の対応を住民達も踏まえて話し合おうつもりらしい。

オーウェンの真意を探る為にやって来た署長に、彼はこの町を愛してると伝えます。そしてシドニーとアーロンの居場所を密告し、捕まえることが出来たら全てを話すと約束しました。


アウトキャスト シーズン2 第5話

オーウェンの案内で、シドニーのアジトに向かうカイルと署長。しかしアジトには誰もおらず、この時初めて署長はオーウェンも悪魔側だと気付きます。

オーウェン自身も悪魔側だが、シドニーとは違うと語ります。どうやらオーウェンは、シドニーの考え方ややり方に納得していない様子。


アウトキャスト シーズン2 第5話

更にオーウェンは、「我々を困らせないと約束するなら君と娘さんは今後苦しむことはない。」と語ります。

憑かれる署長


その頃、ボブの元に現れたシドニーとアーロン。ボブを拷問し、加速の方法を知る為にヘレンの居場所を聞き出そうとします。

ボブは「彼女は変えた。バーンズと同じ灯台のような人々だ。どうにかして力を増やした」とシドニーに言います。


アウトキャスト シーズン2 第5話

一方、町民会議が開かれる学校の体育館に住民達が集まっています。話し始めたオーウェンは、住民達に怪物は居ないと諭し更に署長が引退すると告げる。

署長代理には巡査のローラが就くと宣言するオーウェンに、署長はそんなこと聞いていないと怒りを露にする。すると突然、激しく咳き込み倒れた署長を、オーウェンが何処かに連れ出そうとします。


アウトキャスト シーズン2 第5話

カイルとアンダーソンは、署長の後を急いで追いかけようとしますが、憑かれた住民に足止めされる。

住民達を何とか押し退けたカイル達は、見失った署長を探す為に二手に別れます。開けた駐車場にやって来たカイルは、悪魔に憑かれた署長に木片で刺されてしまう。


アウトキャスト シーズン2 第5話

一方、オーウェンの前に現れたシドニーとアーロン。シドニーは、勝手な真似をしたオーウェンに怒りを露にする。そしてアーロンは、持っていた銃でオーウェンを射殺します。

そして刺されながらも署長と揉み合い続けるカイルは、署長ごと空中に浮かんでいきます。その光景をアンダーソンや署長の妻、メーガンが見ている。


アウトキャスト シーズン2 第5話

浮かんだまま悪魔祓いを始めたカイルは、署長から黒い物体を吐き出させるとそのままバスの上に落下する。署長はバスに衝突し地面に落下するが何とか無事だったが、カイルは刺された傷から激しく出血していた。

倒れたカイルにメーガンが駆け寄り、信じるべきだったと言いながら彼を抱き抱えた。

シーズン2 第5話 感想


ますます解らなくなった…。加速?シドニーが何しようとしているのか。

カイルより光を放つ者って父親ですよね?だったら尚更、カイルの存在価値無いですね!本当にどんどん主人公の存在価値薄くなっていますよ!アーロンも完全に悪魔より悪魔らしいし。

憑かれた署長に刺されて負傷したカイル。皆に悪魔祓いの瞬間を見られました。これでやっと理解してもらえますね。

ちょっとはカイルの孤独感が薄まると良いですが、悪魔祓いするたんびに空中から落ちていたら身が持たないですよね。あれは何とかならないかな?なんて関係ないことを考えちゃいました。

あと5話で散らばった話をまとめることができるのか?

シーズン2あらすじと感想まとめ

<< シーズン1

第1話『漆黒の街』
第2話『底なしの失望』
第3話『迷い』
第4話『復讐の念』
第5話『隣人に潜む悪魔』
第6話『命の行方』
第7話『孤独の再来』
第8話『粛清』
第9話『兆し』
第10話『魂の集結』

アウトキャストの動画を視聴するには


『アウトキャスト』シーズン1はウォーキングデッドと同じくHulu・dTV無料視聴することができます。

⇒ Huluで無料視聴

⇒ dTVで無料視聴

シーズン2はU-NEXTで見るのが一番お得です!

動画の視聴にポイントがかかりますが、登録時に付与されたポイントを使って実質無料で見ることが可能です。

⇒ U-NEXTで無料視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA