ウォーキングデッド ドワイト 原作の展開は?

ウォーキングデッド ドワイト

ウォーキングデッド シーズン6から登場したドワイトは、原作にも同じような設定で現れるキャラクターです。「救世主」のリーダー、ニーガンの元で働く彼は、原作ではやがてこれまで以上に重要な役割を果たし始めます。

顔半分に焼け焦げたような痕があるのは原作の絵でも同じですが、テレビよりももっと精悍で、どことなく恨みを秘めた雰囲気があります。原作のウォーキングデッドではどのような展開になるのか紹介します。

ニーガンの手下としてのドワイト


ドワイトの顔の傷跡はどうやらニーガンに熱い鉄を押し付けられた結果らしく、それで分かるように彼の意のままに仕えてきた従順な手下です。ちなみに、エイブラハムを殺すのはテレビではニーガンとなっていますが、原作ではドワイトの役目でした。


ウォーキングデッド ドワイト 原作

ウォーカーたちが現れる前は軍人だったようで、その時代に習得したらしいボウガンの名手です。つまり、テレビシリーズでダリルの特徴となっているあのボウガンは、もともとはドワイトの特徴だったわけです。

ここは「ウォーキング・デッド」全編を通じて、原作とテレビとの一番大きな違いのひとつでしょう。


ウォーキングデッド ドワイト

原作では、ドワイトは一旦リックたちの捕虜になるのですが、「救世主」のアジトを知るために釈放。その後もドジを踏み、ニーガンからバカにされます。しかも妻であるシェリーをいいように性欲処理の相手にされていたこともあり、徐々にニーガンへの恨みをつのらせてゆきます(顔の火傷の痕もシェリーに絡んだことでした)。

ピンポンをしたあと、さらにニーガンから妻に関して侮辱されたことでついに堪忍袋の緒が切れ、裏切りを決意。別のコミュニティである「キングダム」のリーダー、エゼキエルにこっそり会いにゆきます。

ドワイトの裏切り


「キングダム」にはリックとジーサスも呼ばれていて、ドワイトはエゼキエルとリックたちに手引を約束。ニーガンと「救世主」に関する情報を全て教えることにするのです。最初、リックはエイブラハムを殺した彼の言葉を信じませんでしたが、ニーガンへの憎悪を知って信頼することにします。

リック、ジーサス、エゼキエルの連合軍が「救世主」のコミュニティーに到着すると、戦争が勃発します。指揮を執るニーガンはドワイトに色々と命じるのですが、彼はわざと行動を遅らせてサボタージュ戦略を取ります。そしてアレクサンドリアを襲撃する際も自分の仲間を次々と撃ち殺し、ジーサスに自分が味方ということを示すのです。

一人だけの生存者としてニーガンの元に戻ると、そこにはユージーンが捕囚の身に。ドワイトは彼の逃亡を手助けします。やがてニーガンの命令でリックを毒の弓矢で撃つ羽目になったときも、こっそりと毒ではない弓矢で急所を外し、リックを助ける事が出来ました。

そして最後にリックがニーガンと一対一の対決に。ここでも仲間に手を出させないように目を配り、リックを勝利に導きます。


ウォーキングデッド ドワイト

今やドワイトが新しい「救世主」のリーダーでした。ニーガンのような暴君にウンザリしていた配下の人間も新しいリーダーを歓迎。さっそくドワイトの命令のもと、争いごとなどやめて、コミュニティーへ戻ることになります。

やがて、「救世主」のコミュニティーは産業を起こし、ヒルトップやキングダムと交易を行って平和が保たれている事が分かります。とりあえず、表面上は平和が戻ったわけです。

まとめ


ドワイトの役割は以上のようなもので、ちょっと幕末での志士のような雰囲気があります。原作では彼はやがて「救世主」のコミュニティーのリーダーの地位を棄て、リックの作った軍隊の一員となります。

そして義勇軍を結成し、それを率いることになるのですが、この辺などますます西郷隆盛のような感じで興味深く思えます。もちろん、TVシリーズではこういう展開になるのか分からないのですが、ドワイトが大きな存在になる可能性は高いでしょう。

【ウォーキングデッド】シーズン1~8までの動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド】の動画は"Hulu(フールー)"でシーズン1~8までが全話見放題で配信されています。

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴


Hulu以外でシーズン1~8まで配信されているのは、dTVU-NEXTです。

詳しくはコチラ ⇒ ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する方法

※2018年4月現在の情報です。配信が終了する場合もあるので詳細は公式サイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA