ウォーキングデッド グレゴリー役俳優 ザンダー・バークレー TV映画出演作 原作では死亡?

ザンダー・バークレー

文明が破綻した世界での日常を描く「ウォーキング・デッド」では、戦国時代の領主に似た冷徹な梟雄タイプが多く登場します。総督、ニーガンが典型的な例ですが、主人公であるリックもそうでしょう。いずれも怖い存在なのですが、それだけ頼りがいがあるといえます。

しかし単に小狡いだけのリーダーもいて、それの代表がヒルトップのグレゴリー。役を演じているのはザンダー・バークレーという俳優さんです。

ザンダー・バークレーの過去TV・映画出演作や原作での展開についてまとめました。

【ウォーキングデッド】シーズン1~8までの動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド】の動画は"Hulu(フールー)"でシーズン1~8までが全話見放題で配信されています。

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴


Hulu以外でシーズン1~8まで配信されているのは、dTVU-NEXTです。

詳しくはコチラ ⇒ ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する方法

※2018年4月現在の情報です。配信が終了する場合もあるので詳細は公式サイトでご確認ください。

ザンダー・バークレーのプロフィールや過去出演作


ザンダー・バークレー

生年月日:1955年12月16日
年齢:62歳
出身地:アメリカ ニューヨーク州ブルックリン
身長:183cm
妻:サラ・クラーク(2002年~)



ザンダー・バークレーはニューヨーク州ブルックリンで生まれています。父親は画家、母親は教師でした。16歳の時から演劇に熱中。この高校時代に「危険を恐れず、未知のものも受け入れる」という俳優としての心構えを学んだ、といいます。

演劇を続けるため、リーヴ・シュレイバーやルピタ・ニョンゴも学んだハンプシャー・カレッジに入学。卒業後はニューヨークで様々な演劇コーチから個人レッスンを受けました。また、アクターズ・スタジオの創立者として著名なリー・ストラスバーグから教えを受けるため、ロサンゼルスへ移住。晩年の彼と身近に接したそうです。

ニューヨークへ戻ってからはオフ・ブロードウェイの舞台に立っていましたが、エージェントがつき、映画の世界へ進出。

デビュー作となったのは、「愛と憎しみの伝説」(1981年)。ジョーン・クロフォードの伝記映画ですが、主演のフェイ・ダナウェイのメーキャップと大時代な演技のせいでシリアスなのにコメディのような内容となり、いわゆる「キャンプ映画」として悪名高い作品となっています。


ザンダー・バークレー

ザンダー・バークレーが演じるのは気弱な養子の青年ですが、そのスネたような演技は「ウォーキング・デッド」のグレゴリーを思い出させます。今より線は細いものの、性格俳優としての演技力はすでに完成していた、といっていいでしょう。

脇役として様々な大作映画に出演


ザンダー・バークレー

1986年には日本でもヒットした「シド・アンド・ナンシー」に出演。これでアレックス・コックス監督に気に入られたのか、翌年の「ストレート・トゥ・ヘル」「ウォーカー」にも続けて出演しています。

ちなみに出演作の1番のお気に入りは「シド・アンド・ナンシー」とのこと。芸術家肌の監督に惹かれるところがあるようです。

以後は「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」(ジェフ・ブリッジス主演)「背徳の囁き」(リチャード・ギア主演)「グリフターズ/詐欺師たち」(ジョン・キューザック主演)、そして「ターミネーター2」「ア・フュー・グッドメン」「アポロ13」「エアフォース・ワン」といった大作映画に毎年のように出演し、日本でも洋画ファンの間でその顔が知られるようになります。




「24 -TWENTY FOUR-」で日本でも有名に


しかし何といっても彼を有名にしたのは2001年から放送が始まった「24 -TWENTY FOUR-」でしょう。ここでバークレイが演じるのはジャック・バウアーの上司であるジョージ・メイソン。

役人根性が鼻につくイヤなキャラクターですが、最後には国を助けるために高貴な自己犠牲を払うという役どころ。シリーズそのものが爆発的人気を得たこともあって、その知名度も上がりました。




2004年9月には、「24 -TWENTY FOUR-」での共演者であり、それをキッカケに結婚したサラ・クラークと一緒に初来日。日本のバラエティ番組にも出演し、ドラマでは見ることの出来ないコメディ演技を披露していました。




最新の出演作はジョニー・デップとフォレスト・ウィテカー主演の「シティ・オブ・ライズ(原題)」。「ウォーキング・デッド」出演と並行しながら、映画の仕事も切れ目なく続けていくようです。


ザンダー・バークレー出演作まとめ動画




原作とそっくりだから起用された?


「ウォーキング・デッド」は原作がグラフィック・ノベルということで、配役された俳優さんがどれだけ元の絵に似ているか、あるいは似ていないかが話題となります。

ほとんどの俳優さんは演技力で起用されているせいか、似ていないことが多いのですが、ザンダー・バークレーは数少ない例外。ヒースを演じたコーリー・ホーキンズと並んで、原作のキャラと瓜二つといっていいほど似ています。


ウォーキングデッド グレゴリー

ひょっとしたらこの「似ている」という理由でキャスティングされたのでは、と勘ぐってしまうほどです。

シーズン9での展開は?


原作ではドラマのシーズン9の内容になりそうなウィスパーズでのエピソードで、マギーの暗殺計画を立てたことがバレて処刑されてしまいます。

ウォーキングデッド シーズン9ネタバレ 原作コミック 最新内容

2017.11.03
そうなるとザンダー・バークレーがウォーキングデッドで見られるのはあと少しかもしれません。

最後の見せ場となるシーンになりそうなのでシーズン9を楽しみに待ちたいです。

ウォーキングデッド キャスト関連記事


リック役 アンドリュー・リンカーン
ダリル役 ノーマン・リーダス
グレン役 スティーヴン・ユァン
カール役 チャンドラー・リッグス
ニーガン役 ジェフリー・ディーン・モーガン
キャロル役 メリッサ・マクブライド
マギー役 ローレン・コーハン
ローリ役 サラウェイン・キャリーズ
ベス役 エミリー・キニー
タラ役 アラナ・マスターソン
ジーザス役 トム・ペイン
ロジータ役 クリスチャン・セラトス
ミショーン役 ダナイ・グリラ
モーガン役 レニー・ジェームズ
ドワイト役 オースティンアメリオ
ユージーン役 ジョシュ・マクダーミット
イーニッド役 ケイトリン・ネイコン
ジェイディス役 ポリアンナ・マッキントッシュ
ヒース役 コーリー・ホーキンズ
エゼキエル役 カリー・ペイトン
ゲイブリエル役 セス・ギリアム
サイモン役 スティーブン・オッグ
セディク役 アビ・ナッシュ
グレゴリー役 ザンダー・バークレー
メルル役 マイケル・ルーカー

シーズン8 登場人物まとめ
シーズン7 登場人物まとめ

【ウォーキングデッド】シーズン1~8までの動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド】の動画は"Hulu(フールー)"でシーズン1~8までが配信されています。
⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴



Huluの無料期間が終わる方は、同じくシーズン8がリアルタイム配信される"dTV"、"U-NEXT"でさらに31日間無料で動画が視聴できます。

詳しくはコチラ ⇒ ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する方法

※2018年4月現在の情報です。配信が終了する場合もあるので詳細は公式サイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA