ウォーキングデッド カール役俳優 チャンドラーリッグスの現在の彼女や画像 出演作

チャンドラー・リッグス

ウォーキングデッドのカールといえば主人公リックの息子であり、メインキャストとして欠かせない存在となっています。

カール役を演じる俳優のチャンドラー・リッグスについて、現在の彼女やプロフィール・経歴・過去出演作等について紹介します。

チャンドラー・リッグスのプロフィール・キャリア


チャンドラー・リッグスの年齢ですが、生年月日は1999年6月27日生まれで現在18歳。「ウォーキング・デッド」のキャストに選ばれたのは10歳の時です。


チャンドラー・リッグス子供

もう8つも歳を重ねているということでファンはドラマを見ながらチャンドラー・リッグスの成長を見守っているような形です。


カール子供

身長も随分伸びて現在171cmということですが、欧米人としては小柄な方ですね。


チャンドラーリッグス身長

チャンドラー・リッグスのはウォーキングデッド出演以前にもオズの国の住人役で「オズの魔法使い」の舞台に立ったり、いくつかのマイナーな映画に出演していたようです。

興味深いのは、2006年に「ジーザス・H・ゾンビ」というわずか47分の自主映画(日本未公開)に出演していること。このホラー作品に出た経験が「ウォーキング・デッド」のキャスティングにおいて考慮された可能性があります。



6~7歳頃ということでさらに幼いです。

さらに彼が主演した映画で最もクオリティが高いのは2009年の「ゲット・ロウ」(日本未公開)。ロバート・デュバル、シシー・スペイセクというアカデミー賞を受賞した2人が主演で、ビル・マーレイも出ています。独立プロの製作なので広く公開はされなかったようですが、この映画に出演したキャリアもカール役に選ばれる際、役に立ったでしょう。


チャンドラー・リッグス get low

「ウォーキング・デッド」の撮影の合間にも、「スティーブン・キング 血の儀式」、「キープ・ウォッチング」といった劇場用長編に出ていますが、いずれもホラー。やはりカール役のイメージが強すぎるせいかもしれません。



ちなみに彼が演技の仕事を始めたのは地元で演劇活動をしていたお母さんの影響のようですが、チャンドラーが有名になるとこのお母さんもテレビ女優になってしまいました。


チャンドラー・リッグス 母親

逆七光でいくつかの作品に出演しているようですが、日本ならともかく、アメリカではこういう例も珍しいと思います。

チャンドラー・リッグスの歴代彼女


シーズン1ではまだまだ子供だった彼も、今では18歳。人気シリーズのレギュラーということもあって、当然、女の子が放っておくわけがありません。

「最初の恋人」とされているのが、「スティーブン・キング 血の儀式」で共演したハナ・ヘイズ。同い年です。SNSでもふたりの写真を公開し、仲の良いところを見せていました。


チャンドラー・リッグス ハナ・ヘイズ

ところが彼女とは2015年に破局。続いて2歳年上のブリアナ・マフィーズという女の子と付き合い始めました(現在も交際中)。

彼女はショービズ関係者ではなく、あくまで一般人。知り合ったきっかけも旅客船でのクルーズの最中だったそうで、それだけ聞くと何となくロマンチックです。


チャンドラーリッグス ブリアナ・マフィーズ

ところがSNSに上げられている彼女の写真が少し奔放そうなイメージを与えるため、「悪い女に目をつけられた」「こんな子とは別れるべき」という意見がネット上に書き込まれ、一部のファンからは歓迎されない結果になっています。

暴力場面の増えたテレビドラマ


星の数ほど、というと大げさですが、アメリカのテレビドラマシリーズの製作本数はかつてなかったほど増えています。

その最も大きな原因は、Netflix、amazonなどのスクリーミングサービスの普及により、そのタイムスケジュールを埋める新作の需要が高まっているせいですが、その他にも理由があります。


シーズン7 8話

それは、映画ではレイティングの規制により手ぬるくなってしまう暴力や性的場面が、ケーブルテレビやネット配信ならばイメージ通りに描写できる、という製作者側のメリットです。実際、一部の監督や脚本家にとってはその作家性を存分に発揮できる場所になっています。

ウォーキング・デッドも、性的描写はともかく、暴力については劇場用映画ならば「成人指定」になりかねない過激な場面のオンパレードで、その人気の一因がそれらの描写と関わりがあることは間違いありません。

「カール」としてのハードな体験


個人的にこれまでで特にゾッとしたシーンは、シーズン3エピソード4でのローリの出産場面でした。


ウォーキングデッド シーズン3 第4話

麻酔なしで腹を割くというのは考えるだけで恐ろしいのですが、まだ年端も行かない少年であるカールにその手伝いをさせる、というのは、精神的な拷問でしかありません。しかも頭まで撃ち抜かせるのですから、トラウマにならないのがおかしなくらいです。

ウォーキングデッド シーズン3 第4話 動画無料視聴とネタバレあらすじ

2012.11.05
その他にも目を撃ち抜かれたり、男色家にレイプされかけたり、散々な目にあっているカールですが、演じているチャンドラー・リッグスにとっても、十代の少年としてめったにない貴重な体験の連続でしょう。

「ウォーキング・デッド」後のキャリアは?


カール シーズン7

「ウォーキング・デッド」はしばらく続くようなので、「チャンドラー・リッグス=カール」というイメージはまだまだ消えないでしょう。おまけに子役というのは容姿の変化が激しいだけに、キャリアを築くのはかえって大変かもしれません。

しかし、ルックスに秀でた青年になりかけているだけに、「ウォーキング・デッド」だけで終わらせるのは惜しい存在です。

いい脚本や監督に巡り合って、演技者として息の長い活動を続けていってほしいものです。

ウォーキングデッド キャスト関連記事


リック役 アンドリュー・リンカーン
ダリル役 ノーマン・リーダス
グレン役 スティーヴン・ユァン
カール役 チャンドラー・リッグス
ニーガン役 ジェフリー・ディーン・モーガン
キャロル役 メリッサ・マクブライド
マギー役 ローレン・コーハン
ローリ役 サラウェイン・キャリーズ
ベス役 エミリー・キニー
タラ役 アラナ・マスターソン
ジーザス役 トム・ペイン
ロジータ役 クリスチャン・セラトス
ミショーン役 ダナイ・グリラ
モーガン役 レニー・ジェームズ
ドワイト役 オースティンアメリオ
ユージーン役 ジョシュ・マクダーミット
イーニッド役 ケイトリン・ネイコン
ジェイディス役 ポリアンナ・マッキントッシュ
ヒース役 コーリー・ホーキンズ
エゼキエル役 カリー・ペイトン
ゲイブリエル役 セス・ギリアム
サイモン役 スティーブン・オッグ
セディク役 アビ・ナッシュ
グレゴリー役 ザンダー・バークレー
メルル役 マイケル・ルーカー

シーズン8 登場人物まとめ
シーズン7 登場人物まとめ

【ウォーキングデッド】シーズン1~8までの動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド】の動画は"Hulu(フールー)"でシーズン1~8までが全話見放題で配信されています。

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴


Hulu以外でシーズン1~8まで配信されているのは、dTVU-NEXTです。

詳しくはコチラ ⇒ ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する方法

※2018年4月現在の情報です。配信が終了する場合もあるので詳細は公式サイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA