ウォーキングデッド ダリルのバイクを解説

ダリルバイク

ダリルといえば、その小道具としてクロスボウと並んで印象的なのがバイクです。演じているノーマン・リーダス自身が大のバイク好き。

以前バイク店で働いていた事もあるそうで、彼自身のこだわりが反映しているようです。これまでドラマの中で2台出てきましたが、それらについて紹介してみます。

1台目はトライアンフ

ダリルがシーズン1でいつの間にか乗り始めたのが60年代のトライアンフのチョッパー。

ダリルバイク

チョッパーといえば、何と言っても映画「イージー・ライダー」でピーター・フォンダが乗っていたバイクを思い出しますが、あれはハーレー・ダビッドソン。

イージーライダー

ダリルが乗っているのはトライアンフです。トライアンフといえばこの”ボンネビル”。

トライアンフ

エンジン以外原型をとどめないくらいにカスタムされていますが、元はこんなバイクなのです。

トライアンフをチョッパーカスタムするというのがまた粋な感じでもあります。

不良っぽいイメージがあるので、ダリルはウォーカーが発生する前からこのバイクを愛車としていたのでしょう。以後、リックたちが車で場所を移動してゆく時は必ずダリルはこれに乗っていて、初期のシーズンでお馴染みの移動手段となっていました。

ダリルバイク

ダリルがこれを手放したのは、シーズン4で刑務所を脱出した時でしょうか。

以後ベスと森などをさまよう時はずっと徒歩で、みんなと合流後も移動手段は徒歩に限定。ベスを誘拐した車を追いかけるときだけ、キャロルと車に乗っていました。

2台目はカスタムメイド

もうダリルがバイクに乗ることはないのかな、と思っていると、ファンからの要望もあったのでしょうか、シーズン5のエピソード13になって、アーロンからバイクを提供されます。

ダリルバイク

ここで登場する2台目は、Classified Motoというアメリカのカスタムメーカーが作り上げたバイクで、何でもホンダのCB750ナイトホークスをベースにして、部分的にヤマハのYZF-R6のデザインを組み合わせたということです。

CB750ナイトホークス

CB750ナイトホークス

YZF-R6

YZF-R6

前回がイギリスのトライアンフだったのに対し、今回は日本のオートバイ風。

元々ノーマン・リーダスが個人的にこの会社のバイクに乗っていて、プロデューサーに紹介。番組のために2台、そっくりなバイクを組み立てたとのことです。

Classified Moto

驚いたのは、バイクの組み立てだけでなく、そのサビやくたびれた感じを出す作業までその会社が担当したこと。何種類ものペンキを重ねてゆき、それにヤスリをかけたりして自然な質感を出したそうです。

この特製バイクは途中ダリルから奪われ、敵の戦いの道具になったりして、以前のトライアンフと違って有機的に小道具として活躍しています。やはり特別に作ってもらっただけに製作側も脚本段階でうまく使おうという気持ちがあったのかもしれません。

ダリルバイク

ノーマン・リーダスは「ウォーキング・デッド」と並行して「ライド・ウィズ・ノーマン・リーダス」というツーリングのトラベローグ番組をやり始めていて、そのバイク好きを仕事にも活かしています。

今後も新しいバイクが「ウォーキング・デッド」にも登場する可能性がありますが、その時はまた彼がそのアドバイザーを務めることになりそうです。

[ad#norman]

【ウォーキングデッド シーズン1~10】動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド シーズン10】は"Hulu(フールー)"で2019年10月7日(月)から配信されています!

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴


Huluの無料期間が終わる方は、同じくシーズン10がリアルタイム配信される"U-NEXT"でさらに31日間無料で動画が視聴できます。

詳しくはコチラ
 ↓ ↓ ↓
ウォーキングデッド シーズン10の動画を無料視聴する方法

※2019年10月現在の情報です。配信が終了する場合もあるので詳細は公式サイトでご確認ください。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA