ウォーキングデッド シーズン9 第10話 動画無料視聴 ネタバレあらすじと感想

ウォーキングデッド シーズン9 第10話

ウォーキングデッド シーズン9 第10話『操られた記憶(原題:Omega)』。

前回ダリルたちに捉えられヒルトップへ連れてこられたリディアの過去が明らかになります。

ウォーキングデッド シーズン9 第10話の動画を無料で見る方法とネタバレあらすじと感想。

【ウォーキングデッド シーズン9】動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド シーズン9】は"Hulu(フールー)"で2018年10月8日(日)から配信されています!


Huluは2週間無料で利用することができ、シーズン8を本国アメリカとほぼ時差なくリアルタイム視聴することができます。

シーズン8全16話見放題配信も始まりました!


Huluなら

シーズン1からシーズン8まで全話が見放題で見れる
・シーズン1〜7日本語吹き替え版も配信
・Hulu独占のウォーキングデッド関連コンテンツ動画も配信中
・シーズン8・9各エピソードのメイキング&解説動画も配信
・スピンオフ作品『フィアー・ザ・ウォーキングデッド』も見れる

ということでHuluがオススメです!

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴





Huluの無料期間が終わる方は、同じくシーズン9がリアルタイム配信される"U-NEXT"でさらに31日間無料で動画が視聴できます。

⇒ U-NEXT


さらに詳しくはこちらを
 ↓ ↓ ↓
ウォーキングデッド シーズン1~9の動画を無料視聴する方法

※2019年2月現在の情報です。配信が終了する場合もあるので詳細は公式サイトでご確認ください。

シーズン9 あらすじと感想まとめ

<< シーズン8

第1話『新たな幕開け』
第2話『復興の道』
第3話『A、又はB』
第4話『各々の義務』
第5話『清算』
第6話『町の審査会』
第7話『楽器への想い』
第8話『死人の囁き』
第9話『死人の正体』
第10話『操られた記憶』
第11話『決意』
第12話『変化のとき』
第13話『罠』

全話まとめ

シーズン9 登場人物
シーズン9 原作ネタバレ

シーズン9 第10話 ネタバレ




リディアの過去


リディアの記憶。

世界の崩壊直後、まだ幼かったリディアは両親と地下へ避難していました。

母親に抱かれていたときの父親の冷たい目が忘れられないとヘンリーに話すリディア。


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

ヘンリーに「父親はどうなった?」と聞かれると死んだときの父親の姿を思い返し、「パパはバカだった。ママが私を生かしてくれた」と答えるリディア。

ヘンリーには心を開いているようで2人は会話を続けます。そして、それを外で聞いているダリル。

アルデンとルークの捜索に出ているタラたちはウォーカーの群れを発見。リディアの仲間でないことを確かめると一掃します。

ウォーカーはアルデンとルークが乗っていた馬をむさぼっていたのでした。

馬はナイフで切り裂かれていて、タラはリディアのグループの正体がわからない状況での深追いは危険だと判断します。

コニーとケリーは捜索を続けたいようでしたが、タラの判断で一行は一旦ヒルトップへ戻ることに。

ヘンリーとリディア


リディアの記憶。

地下のキャンプでは物資が底を尽きつつあり、何人かは外へ出ると話していました。

リディアの父親も外へでることにしますが、母親は残ると言い従おうとしませんでした。


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

その話からヘンリーの家族の話に。2番目の父親のエゼキエルの話をするヘンリー。

リディアがエゼキエルがいる街の名前や場所を聞くと、ヘンリーは素直に答えます。

するとダリルが地下にやってきてヘンリーを外へ出すと街の情報をリディアに教えたことを激しく叱咤します。

ダリルは再び地下へ戻り、2人の仲間が馬を残して消えたことを伝え、リディアから情報を聞き出そうとします。

リディアの記憶。

地下のキャンプの外から人やウォーカーの声、銃声が聞こえてきます。外に出た仲間たちかもしれないと騒ぐ男を「黙って」とリディアの母親が制止します。

男はなおも外に出たいと騒ぐのでリディアの母親は男を押さえつけ馬乗りに。そして、そのまま男を殺してしまいます。


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

それを聞いたダリルは「母親はそうするしかなかった」と答えます。そして、耳を痛がるリディアを見て薬を渡します。

薬を飲むため水を要求するリディア。ダリルが水を汲んだひしゃくを差し出すと途端に牢から手を出し掴もうとします。

しかし逆に腕を掴まれ抑えられてしまいます。そのときリディアの腕に虐待の痕を見つけるダリル。

捜索から戻ったマグナたち。ユミコは自分たちだけでルークの捜索に出ると言い出します。

マグナはアレクサンドリアでミショーンに歯向かったことで住めなくなってしまった過去がある為反対します。

しかし、コニーとケリーもユミコに賛同するので仕方なく捜索に出ることに。

破滅


夜、リディアの牢にやってきたダリル。虐待を指摘し、再度キャンプや母親について質問します。

リディアの記憶。

リディアの母親が殺してしまった男の対処について話し合っています。朝を待って外に出すことに。

全員が寝静まっていると、リディアが目を覚まします。そして、死んだ男のところへ。

するとウォーカーに転化した男が起き上がります。リディアの悲鳴に両親が目を覚まします。


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

リディアを母親に預けると父親はウォーカーに襲われ首元を噛まれてしまいます。

ダリルはそれを聞いて「お前のせいじゃない」と言いますが、リディアは「私の代わりに甘いパパが死んだ。意志を持てば破滅する」と返します。

これ以上情報が引き出せないと判断したダリルは「手に負えない」とタラに対処を相談しに行きます。

が、ヘンリーが「彼女は怯えてるだけだ」とそれを止めようとします。

夜捜索に出たマグナたちは森でウォーカーの群れと遭遇します。

ユミコはこれ以上は危険だからと一旦戻って計画を練り直そうと言いますが、ケリーは捜索を続けたいと言い出します。


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

仕方なく姉のコニーが彼女について、マグナとユミコはヒルトップへ戻ります。

ヘンリーはリディアの元へ。「少しの間だけ」と言ってこっそり彼女を外に出します。

ヘンリーがヒルトップについて話していると、リディアは背後にあったハンマーを手に取ります。

彼を殴ろうとしていたようでしたが、赤ん坊の声を聞いて手を止めます。そして、幼かった頃の記憶がよみがえり錯乱し始めます。

心配したヘンリーに声をかけられると「檻に戻して」と言い、再び檻の中へ。

鍵をかけてヘンリーが戻ろうとすると「一緒にいてくれない?」とリディア。ヘンリーは檻の外に寝転がってリディアと手を繋ぎます。

本当の記憶


翌朝、ダリルがやってきます。リディアの精神状態はいくらか落ち着いたようです。

「ママも誰もこない。誰かが死んでも捕まってもいなかったことにして前へ進む」とやっとグループについて話し始めます。

「家族の話は本当だった?」とヘンリーに聞かれると、父親がウォーカーに噛まれたというのは母親から言い聞かされていたことで事実は違ったと話し始めます。

リディアの記憶。

ウォーカーが現れたことでキャンプ内は混乱していました。リディアの母親は外へ出ようと言いますが、父親はそれに同意せずリディアと2人で逃げると言います。


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

「勝手にして」と言い放った母親は、父親をナイフで殺してしまっていたのでした。

ヒルトップに戻ってきたマグナとユミコ。勝手に出たことをタラに謝りますが、タラは責めはせず「意見があるなら言ってくれていい」と優しく声をかけます。

続いてコニーとケリーもヒルトップの監視と共に戻ってきます。

しかし、後をつけられていたのかその後ろからリディアの仲間たちもやってきていました。


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

騒然とするヒルトップ。そして、マスクを取ったリディアの母親がヒルトップの前へたちます。

「私はアルファ。私たちの要求は一つ。娘を返して」


ウォーキングデッド シーズン9 第10話

シーズン9 第10話 感想


一言でいうと「退屈…」なエピソードでした(笑)

「リディアの過去が明かされ、ウィスパーズがヒルトップへやって来た」というだけでした。

リディアの過去や狂気じみた母親が軸になっていたわけですが、ウォーキングデッドの世界では超平凡なエピソードですし。

そこに軽くダリルとキャロルの過去の虐待経験も絡めていましたが、だからといってこのエピソードが深まるわけでもなく。「だからどうした」って感じでしたね。

なので、エピソード的にはこれといった感想もありません!笑

やはりどうしようもなくキャラが弱いですね。

原作だと、ダリルがリック、ヘンリーがカールの役回りになっていましたが、ダリルとヘンリーではリックとカールの穴は埋められないと痛感しました。

逆に今回のダリルがリック、ヘンリーがカールだったとしたらどうでしょうか。だいぶ印象が変わってくると思います。

こればっかりはもうどうしようもないんですが、原作を先に読んでいるとどうも物足りません。原作を知らない方はまた感じ方が違うのかもしれませんが。

そして、やたらとマグナのグループが登場しますが、彼らにもまだ全く感情移入できないんですよね。

今回も勝手に捜索に出たものの何も成果はなくただただウィスパーズを連れて帰ってきてしまったという失態を演じます。

恐らく制作的にはマグナのグループを前に出していきたいんでしょうが、古くからのファンに認められるにはまだまだ時間がかかりそうです。

マグナはルックス良いですし存在感があるので期待してるんですが、今のところキャラクターがはっきりしません。

原作にいるはずのリックとカールがいないドラマはもう別の作品として見た方が良さそうです。

シーズン9でリックとマギーがいなくなり、シーズン10でミショーンまでいなくなってしまうようでこれからのウォーキングデッドがどうなるか不安です…(笑)

ちなみにマグナグループのケリーが女の子だったということを初めて知りました。ずっと男だと思ってました…。

そして、リディアがイギリスのエレクトロポップバンド、CHVRCHES(チャーチズ)のボーカル、ローレン・メイベリーに見えて仕方ありません。




似てませんか?

一瞬同一人物かと思ったほどでしたが、リディア役の女優さんはキャサディ・マクリンシーという方でまだ18歳の若手女優です。


キャサディ・マクリンシー

最近Netflixで見た「オザークへようこそ」に出演してたみたいですが、全く気づきませんでした。どこで出てたんだろう。

見返してみたらシーズン1の第6話でシャーロットの友達役としてちょこっと出演していました。

読者さんの感想


ムラさん(40代 男性)


ひでぇー(大爆笑)視聴開始しばらくはスピンオフの『フィァー ザ ウォーキングデッド』の更にスピンオフ、というよりFOXチャンネルが番組間違えたのかと思ったくらい。前回捕虜となって今ヒルトップにいるリディアが可愛くない、日本人好みでないのも影響しているのかも。王国のヘンリーとリディアは仲良くなりそうな展開に多少期待。

最後にアルファを見せるためだけに延々と一話を使うのは流石に前回の9話より話引っ張りすぎだろ。ミショーン役のダナイ・グリラがシーズン10で降板決定のニュースが入ってきているからウォーキングデッドシーズン10は決定事項なんだろうけど、この調子で大丈夫か?

もう一つのストーリーラインはユミコ一行がアルデンとルークを探しに行くのでしたが、本来いるべきリックやカールがいなくなっているせいもあって、この5人のキャラの主張がイマイチ弱いね。今はLGBTや小人、聾唖者などなんでも出連させるのが社会の要請なのでしょうけど流石に誰もが手話を使うような人はTWDの世界では生き残れないと感じているのではないでしょうか?

アルデンは生き残っていて欲しいけれども、ルークはどうでもいいです(笑)アルファがロージタやエゼキエルらを殺して恐怖を視聴者に植え付けるのでなければ残り6話は厳しい(つまらない)ものになるのでは?

ゼルさん(40代 男性)


ダリル達によって捕まった皮膚のマスクを被るリディアがキャロルの養子になったヘンリーに母親は強いと話していましたが、避難した先での回想シーンを見て、こんな異常な世界になり夫のフランクを始め男達はいざとなったら慌てふためき、あんな風に怯えたり冷静な判断力も無くなるかもしれないなと感じました。

子供を産んだ経験のあるアルファの様な母親の方がよっぽど肝が座り、いつ終わるともしれない状況になった時には強いなァとホントに改めて感じ、そんなアルファにキャロルが重なり、キャロルも亡くなった娘を守るために、そして失った後はカールを守りながら強くなっていったなァと思い出しながら見ていました。

リディアが世界が変わったのに変わろうとしない、ココは彼ら(ウォーカー)の世界なのに…というダリルへの問いかけは考えは様々ですが、以前の世界を取り戻すべく努力するべきか?今目の前にある世界を受け入れそのルールに従い順応して生きるべきか?という難しい選択肢に聞こえて、自分ならどちらを選ぶだろうか?と考えさせられました。

どちらも生きる事を諦めた選択ではないだけにどちらも間違っていませんし、う~~んっ難しいなァとまたもその世界観の深さや只のゾンビドラマではない一面を感じさせられて楽しく、そして一段と興味深く見られました。アルファが今後ダリルやミショーンやキャロル達にどんな影響を及ぼすのか?凄く気になった10話でした。

ゴウさん(30代 男性)


前回の9話で、ニーガンとジュディスがなかなか良い雰囲気を出してくれていたんで楽しみにしていたのですが、今回は登場シーンがなくて少し残念に思いました。話のメインもリディアの幼い頃の回想シーンが多くてあまり進展がなかったのも残念です。

ただ、だからこそアルファやマスクを被ったゾンビへの期待度は大きくて、リディアに虐待をしていた事からかなりの異常者なのか、それとも母親といての理性などがまだあるのかなど色々気になりました。気がかりなのがヘンリーで、一緒にミミズを食べたりしていてリディアにかなり好意を持っていそうでしたが、ダリルはともかくキャロルは絶対に認めてはくれないだろうから、子を持つ親同士が争いのキッカケにならないか心配です。

そして争いがもし起こったら、リックもおらずミショーンも出てこなそうでジーザスも死に、誰が指揮を取っていくのかも今後見どころの一つだと感じました。今回はタラがリーダーっぽく振る舞ってはいましたが、あまりに頼りなさそうなので、やはりニーガンくらいのパワフルな人格者は必要かなと思います。

ミラさん(40代 男性)


シーズン9は始まる前から宣伝として、ドラマ中に使われる多くのシーンが流れていました。そのシーンの中でも特に気になっていた事が2つあります。

1つ目はニーガンのこれからの行動です。これは前回の話で「ニーガンの時代は終わった」感が上手く表現されていたので、恐らく以前の様な悪行は働かないと思います。(もしかすると、アレクサンドリアのメンバーになって活躍するかも?)

2つ目は何と言ってもウィスパラーズとの接触です。宣伝映像の中でウィスパラーズのリーダーらしき後ろ姿が度々現れるので、一体いつのタイミングでどんな状況でどうなるのか全く見当がつきませんでした。

そんな状態で迎えた第10話なやっと念願のリーダー拝謁のシーンが・・・と言うか所で第10話は終わりましたが、本当に素晴らしい前振りと強烈なインパクトでリーダーが現れたので、大満足です。

リックやマギーの離脱があり、今後の展開はイマイチになるのかと思いきや、飽きさせない演出や描写にシーズン8で見切りをつけなくて本当に良かったと思います。早く次の展開が観たくて楽しみにしています。

フランさん(30代 男性)


どうもヘンリーとリディアの会話を聞けば、いずれアルファ母さん対キャロル母さんバトル実現しそうです。お互い母として意地をかけて、容赦ない戦い繰り広げられそうです。息子と娘それぞれ敵に回したくないと断言する人たちなのです。

なんだか新入りたちのせいで全くテンションが上がらないんですが、アルファ母さんに関してはかなり期待できると思います。そして言ってることしてることが無茶苦茶です。いずれにしても新入たちはそろそろいいので、キャロル、ミショーンファミリー登場させてもらいたいです。彼ら出てくるのは終盤かもしれません。

もしかすると制作側は本気でリックの穴を5人が埋められると思ってるのでしょうか?なら相当読み間違えています。リック、マギー消えた今のこったキャラが総出演して暴れまくるぐらい覚悟なくては、これは乗り切れません。

シーズン9 あらすじと感想まとめ

<< シーズン8

第1話『新たな幕開け』
第2話『復興の道』
第3話『A、又はB』
第4話『各々の義務』
第5話『清算』
第6話『町の審査会』
第7話『楽器への想い』
第8話『死人の囁き』
第9話『死人の正体』
第10話『操られた記憶』
第11話『決意』
第12話『変化のとき』
第13話『罠』

全話まとめ

シーズン9 登場人物
シーズン9 原作ネタバレ

【ウォーキングデッド シーズン9】動画を無料で見る方法



【ウォーキングデッド シーズン9】は"Hulu(フールー)"で2018年10月8日(日)から配信されています!

⇒ Huluでウォーキングデッドを無料視聴


Huluの無料期間が終わる方は、同じくシーズン9がリアルタイム配信される"U-NEXT"でさらに31日間無料で動画が視聴できます。

詳しくはコチラ
 ↓ ↓ ↓
ウォーキングデッド シーズン1~9の動画を無料視聴する方法

※2019年2月現在の情報です。配信が終了する場合もあるので詳細は公式サイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA